ぜんぶ食べた?

アクセスカウンタ

zoom RSS クリスマスギフト シュトレンセット 2011 (途中)

<<   作成日時 : 2011/12/13 23:04   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

画像


12/10 シュトレンの仕込み


例年の親類にプラスしていつも世話になっているYちゃんにも送ろうと
今年は4個焼くことにするのだが

例年のちょっと大きすぎる気がするので昨年の3.5個分で計算して4個にすることに。

午前中に中だねをこねて生地コース→6時間放置でケース半分より上まで

昨年より多い生地、捏ねられるだろうか・・・と不安ながらも途中休ませながらなんとかなりそう。


今年使っている材料




今年は保存していた柚子ピールをメインにしたシュトレンに。

画像


前日にラム酒に漬けておいたものを使った。
また先日、本場ドイツでは前日に酒に漬けるのが多い・・・とかって記述を読んだ。

以前、柚子シュトレン作ってなかなか美味しかった記憶もあり。
シロップにも柚子を使ってちょっと個性的な感じにしたいと思う。



●中種 今年の分量

強力粉 344g  水220g 砂糖70g ホシノ元種 34g

生地モードでこねて2時間終了後も6時間ぐらい放置。
ケースの6分目ぐらいまで発酵させた



●本捏ね 今年の分量


粉350g 卵黄80g 水78g 砂糖25g 

アーモンドプードル52g 無塩バター125g 塩7g


ドライフルーツ350 (柚子ピール250+レーズン100) ラム酒
くるみ100g

シロップ
柚子シロップ60g+砂糖30g+ブランデー梅酒60g を軽く煮立てる


溶かしバター、粉糖



画像



一時発酵はこのタッパーをバンジュウがわりに使ったら
冷蔵庫で休ませやすいし、便利。これからもっと使おう。

このタッパーの重量(蓋しない)は163g


12/11
室温で一晩おき(寒い日だった)あまり発酵がすすんでないようだったが

画像

画像


朝から昼までに室温が上がって
いけのべにお汁粉食べに行っている間にタッパーの蓋が押しあがる程になったので終了


生地量が1882g→4分割 →470g/1個

画像



コールドスタート180度 20分+170度10分

上下二段同時、途中上下前後入れ替え


画像


焼きあがったらすぐにシロップをしみこませ、裏にも塗り

溶かしバターを全体に塗る


冷めた辺りで一度目の粉糖を全体にまぶしラップで包む


粉糖をまぶすのに使ったトレーはまた使うのでそのままビニールをかけて保管。



こんなに大きかったっけ?というぐらい大きくなってしまい
これではかごに入れられそうにない・・・ので、とりあえず入りそうな箱を探す。



12/12
じっとりと粉糖が泣いているので、そこにたっぷりと粉糖をかぶせる。
網の上におき、新聞で蓋をするようにして通気性を保ちながら一晩おく

この日、パネトーネ類の生地を用意して捏ねる


12/13

もう一度、たっぷりと粉糖を押さえつけるようにかぶせる

発送準備

梱包を始めようとしてからPPロールやリボンが足りないことに気づく。




あわててトステムで探したら巻きセロハンが一本だけあるのを発見。
食品にも向いていると書いてある。今までのより好都合。



ありもので・・・箱に包装紙を敷き


画像


シュトレン、庭の実りのジャム白菜漬けを同梱。

ジャムはプチプチシート、白菜漬けは二重のポリ袋に入れ口をしっかり縛った後、
さらに厚手ポリ袋に入れてリボンを飾ってみた。汁気がちょっと心配。←でも大丈夫だったっぽい。


余っている緩衝材と、丸めた新聞紙を半紙で包んだものをクッションにして

説明文を添えて



なんとか梱包終了→郵便局より発送。




【今年の反省点】

●シュトレンのサイズ、もう少し小ぶりでいいのでは。

●シュトレンの成型、1番最初の凸型っぽいほうがいいかも。

●先に入れる籠やダンボールのサイズを決めてそれにあわせてシュトレンのサイズを決めるべき

●材料の手配の時、アーモンドプードル、粉糖2kgは絶対に忘れてはいけない
 ラム酒、ブランデー、ナッツ、バター、ドライフルーツ、粉、酵母 など材料をちゃんと確認。

●PPロール、リボンの類が足りてるか事前に確認→今年買ったので当分は大丈夫

●やっぱりクロスのリボンに例年通り飾りつけたほうが良かったな。







クリスマスといえば


やってみたい!と思いつつできなかったイタリアのクリスマス菓子

Panforte di Siena

13世紀にイタリアで生まれた、スパイスが効いたフルーツ・ケーキ。
教会であまっていた香辛料やフルーツをケー キにして焼いてクリスマスに人々に振舞ったらしい。
発祥地のシエナでは、毎年クリスマスになるとこの銘菓を家庭で焼いて友人に配っていのだそう。

しかし、ケーキというイメージからは遠い圧縮されたドライフルーツって感じだ・・


フィグとナッツだけとか、粉の部分多めとか、いろいろあるみたい。

なんとなく、チーズのかたまりをイメージしているような気がする






捏ねに使っているホームベーカリーはツインバードの最安機種



今年の生地量でも捏ねられたけど、もしかして寿命を縮めているかも
なんとなく羽がゆるくなった気がする(汗)


でもこの値段なら買い替えも気軽、普段使うのもこれで事足りているし。。





粉1キロまで捏ねられるこれか・・・




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
柚子の利用法・活用法・保存食まとめページ
季節柄、過去の柚子の記事へと検索で流れ着く方が多くいらっしゃいます。 最近は柚子仕事をしても同じもののリピートなので新着で記事をかいていませんが 私も自分の過去の記事を見返して柚子のシーズンに柚子仕事をしてますので ここでひとつ見返しやすくするためにまとめページリンク集を作ることにしました。 タイトルのリンク部分で元ページに飛びます。 ...続きを見る
ぜんぶ食べた?
2012/11/20 12:08
歴代 シュトレン レシピ まとめページ
今頃シュトレンを焼く用意をはじめる時、基本クリスマスの時期しか焼かないので どうだったけかな〜とブログの記録をさかのぼって記憶を取り戻す。 材料の配合はもちろんだけれど、それを何個に分割してどのくらいのサイズになったのか、 天然酵母や自家製酵母を使用し、さらにラム酒やブランデーなど酒を使うので発酵時間が長くかかるため この時間が発送までのスケジュールを組み立てるのに重要だったりする。 ...続きを見る
ぜんぶ食べた?
2013/01/06 11:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
【管理人よりお知らせ】
B社公式ブログ執筆中↓
「チープシック チャーミング ライフ」
食べ物の事だけでなく
ライフスタイル全般の
テーマを広げた内容となっています。


【MY TOOLS】

クリスマスギフト シュトレンセット 2011 (途中) ぜんぶ食べた?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる