カレーパーティ

引越しを控え、我が家でフェアウェル・カレーパーティを開きました。
2日前から大量のカレーを仕込むのはとっても楽しかった♪
まずはチキンカレー。ちょっとインド風のホットなカレーに仕上げました。
画像
















●チキンカレー
鶏手羽元 2kg 玉ねぎ大3個 ニンニク しょうが パプリカ チリパウダー カレーパウダー 練りからし 唐辛子14本 カレールー(中辛) ココナッツミルク スープストック(とり皮を茹でたスープを使用)

チリパウダーが残っていたので鶏手羽元にまぶして漬け込んでおいたものを使用。
スパイスの辛さをカレールー(中辛)とココナッツミルクで少し和らげる感じで。
からしはスリランカカレーにマスタードを入れるのがヒント。



もうひとつビーフカレー。赤ワインとリンゴのすりおろしで甘めに仕上げました。
画像

















●ビーフカレー
牛もも肉1.5kg 牛すじ(調理済み)500g 玉ねぎ大3個 人参2本 赤ワイン1カップ リンゴ1個 デミグラスソース ベーリーフ カレールー(辛口) カレールー(中辛) 小麦粉

肉は痩せるのでかなり大きめに切り、塩コショウをなじませた後、小麦粉を叩いてソテー
炒めた玉ねぎと合わせ先に赤ワインと少なめの水で圧力鍋で肉が柔らかくなるまで煮込んでおき、その後人参、リンゴのすりおろし、デミグラスソースを加えて煮込む。前の日にカレールー2種をミックスして加えて一晩寝かせる。


ダンナ作成・中華鍋で焼いたナン。
生地を残しておいてパーティの最中にゲストに焼いてもらったりしました。男性はパンつくりなどの経験がないので結構楽しそうでした♪
画像
















●ナン
強力粉400g 薄力粉100g ドライイースト小さじ6 砂糖大さじ1 塩小さじ1 
卵黄1個 水 200ccぐらい

・卵黄と水を混ぜてよく溶いておく。先の粉関係を全て混ぜて卵黄水を様子を見ながら柔らかくなりすぎない程度に注ぎ、生地を練る。
・手から離れる位によく練れたらきれいに丸め、ラップをして温かいところで一次発酵。
ガスを抜いて10等分し、手で適当に形を延ばして、熱した油を敷かない中華鍋で両面焼く。

生地を広げる前にちょっと水をつけて再度よく捏ねてから広げて焼いたらなぜかふんわりして美味しかったです。


次はなすのトマトレリッシュ
画像


















●なすのトマトレリッシュ
米茄子2個  オリーブオイル 生トマト1個 ホールトマト1/2缶 玉ねぎ1/2個 セロリの葉少々 塩 バルサミコ酢

なすは切って皮に切り目を入れてオリーブオイルでしんなりするまで焼く。
トマト、玉ねぎ セロリはみじん切りにし、よく潰したホールトマト、バルサミコ酢、塩を混ぜて
よく冷やしておき、焼いた茄子の上にかけてなじませてマリネっぽくする。



鶏ハムをおしゃれに演出。2ちゃんねるで盛り上がった「鶏ハム」を作ったときのスープ利用でオシャレに仕上げて見ました。
画像


















●鳥はむ ゼリーソース
鶏胸肉 3枚 砂糖 塩 コショウ イタリアンハーブ ゼラチン10g 粉寒天小さじ1 

・鶏胸肉は皮をはずし、まず砂糖を刷り込み、塩コショウ、イタリアンハーブを刷り込んでジップロックに入れ、空気を抜いて3日塩蔵する。水が出てきたらその都度捨てる。
・水に入れて1時間塩抜きをし、表面を洗って軽くハーブを落とし、大きすぎない胸肉3枚入れてちょうどいい位の鍋に湯を沸かし、沸騰したところで胸肉を入れ、再沸騰させたら火を止めて
そのまま蓋をして5時間ぐらい放置する。余熱で中まで火を通す感じ。
・茹でた時のスープ500ccを越してから火にかけ、ゼラチンと粉寒天を煮溶かして適当な容器にいれて冷やし固める。フォークで粉々に砕いて皿に敷き、削ぎ切りにした鶏ハムを並べ、パセリやトマトを飾って。


インド風のピクルス、アチャール。あちゃら漬けの語源はこのアチャールだそうですよ!
京人参を使って彩り鮮やかに。
画像
















●きゅうりと京人参とレンコンのアチャール
きゅうり3本 京人参1本 レンコン小1個 
酢50cc 水50cc 砂糖大さじ1 塩小さじ1 輪切り唐辛子 少々

人参は皮を剥いてさいの目に切って塩(分量外)少々をまぶして揉み、電子レンジで1分加熱
して、しんなりさせる。
レンコンは薄切りにして酢を入れた湯で茹で、いちょう切り。きゅうりはさいの目。
酢・水・砂糖・塩・唐辛子をよく混ぜ、レンジで30秒ほど加熱して砂糖を良く溶かして甘酢を作り、先の野菜にかけて一晩漬け込む。



大根のアチャールはクミンの風味が効いています。
画像

















●大根のアチャール
大根 ニンニクすりおろし 塩 醤油 クミン ターメリック 唐辛子(輪切りの唐辛子をさらにみじん切りにして使用)

大根は皮をむいて拍子切りにし、その後の調味料を好みの量加えて手で揉み込み、密閉容器に入れて一晩漬け込む


ダンナ飯 鯛のエスニック風カルパッチョ なかなか素敵な出来ばえです♪
画像
















●鯛のエスニック風カルパッチョ 
鯛の刺身 万能ネギみじん切り 糸唐辛子 炒りゴマ(白)
タレ・・ごま油大さじ4 醤油大さじ1 バルサミコ酢小さじ2 酒小さじ1 レモン汁大さじ2 コチュジャンペースト 小さじ1

刺身を薄く切って皿に並べ、万能ネギ、ゴマ、糸唐辛子をのせる
タレの材料を全部混ぜて食べる直前に回しかける


思いのほか大好評だった「カイピリーニャ」 ブラジルのポピュラーなカクテルです。
強いお酒で、ロックに近いのに、この飲みやすい口あたりは危険!!
画像





















●カイピリーニャ (一杯分)
ピンガ(サトウキビの蒸留酒・カサッシャ51を使用) 砂糖大さじ1 氷 ライム1/2個
ライム1/2個は皮ごと細かく切って、マグなど丈夫な器にいれ、すりこ木でよく潰す。
皮の部分もよく潰すのがコツ。砂糖を混ぜ、ひたひたまでピンガを注ぎ、氷(本当はクラッシュドアイスがベター)を加えてよくステアし、グラスに注いでできあがり


このほか、キャベツのサラダやジャガイモのローズマリー風味焼きなども作りましたが
写真撮り忘れ。

みなさん良く食べてくれてとても楽しいパーティになりました。
またやりたいな!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 鶏ハム応用編・鶏ハムロール

    Excerpt: 我が家では定番化している鶏ハムを応用して 鶏ハムロールにすると ちょっと華やかです。 Weblog: ぜんぶ食べた? racked: 2006-04-27 21:40