発芽玄米のアミラーゼで糖化 発芽玄米の発芽のさせ方 発芽玄米バー

発芽玄米には麦芽と同じアミラーゼが含まれていて
それを利用してでんぷん糖化により甘酒のようにできる


というとっても興味深いブログを拝見しました



考案!!!!発芽玄米糖化蜜の作り方



麦芽での糖化にとても興味アあったのですが生麦の入手が難しく挑戦できずにいたのですが
玄米ならすぐにできる!と早速挑戦してみました。



すり鉢ではなく、フードプロセッサーで粉砕したものと
炊いた発芽玄米を混ぜ




国産十八雑穀と同様に冷凍保存バッグに入れてポットで60度に保つ。



普通の甘酒より時間がかかるであろう、と
丸2日保温を続けましたが
アミラーゼが十分に出なかったのか、
ほんのり甘い程度にしかならなかった・・・
ご飯や米のままの味よりはたしかに甘いですが、甘酒のような甘さにはなりませんでした。



しかし、まるでクルミのペーストのような甘く香ばしい香りがして
これは美味しい予感がします。






さて、この発芽玄米の実験(?)に平行して
発芽玄米のアミラーゼで糖化させた麦でお酒を作っている方の記事を読んだ




この本の「発芽玄米の糖化力を利用する …… 穂田波男」

自分で発芽させた発芽玄米で麦のどぶろくを作っているのですが
その発芽玄米は根が1~2cm伸びたものを使っているようである。

一般的に水に浸して小さく芽を出した発芽玄米とはだいぶ異なる。

麦芽もだいぶ根が伸びたものを砕いて使うようなので、玄米もこのくらい育てないと
アミラーゼが十分に出ないのかな?


と、水に浸す方法をやめ、ザルでかるく水切りし湿った状態を保って30度程度のところに
2日~という方法を試してみた


水に浸し続けたものより芽が長くでたものもある・・・しかし、あんまり長くならないなぁ。。


湿った新聞紙にフラットに蒔くとか、もっと園芸に近い発芽方法を調べてみよう。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0