小学生連れ台湾家族旅行(3)スクート機内サービス

今回の台湾旅行で

利用した航空会社は

シンガポールLCCのスクート(Scoot)です。



行きの便だけだったのですが

まもなく着陸態勢という頃



画像



機内照明がレインボーカラーになりました。

ちょっとわくわくしました。


帰りの飛行機ではならなかったので

毎回ではないようなのですが




LCCには機内食サービスはありません。

有料のメニューがあります。




画像



明るくかわいい雰囲気ですね。




画像


台湾までは時間が短いので食べなかったんですが、

私はこの価格の通貨が何なのかわからなかった(恥)


台湾旅行なので、台湾ドルのことしか考えてなくって


シンガポールドルだ、とわかっても、もちろんレートなんて知らない(汗)


画像


台湾ツアーはほどよい出発時間だと搭乗時間がお昼にかかります。

あらかじめシンガポールドルのレートをチェックしておいて

機内食を食べてみるのもいいかなと思います。


(2018年8月でおよそ1S$=82円ですね。)





またLCCなので、映画のサービスはないのはわかってたのですが

ラジオなどの音楽サービスもないとは思いませんでした。


子供は飽きてしまうので、

あらかじめダウンロード済みのタブレットなど用意しておくといいですね。


Fire 7 タブレット Amazonプライム・ビデオからいくつかダウンロードして持っていけばよかったなーと

後で後悔しました。




有料プログラムですが、

「スクーTV」というサービスがあるようです。

機内に入ったら座席にこのような記載が


画像



スクートTVでスクート気分。


楽しみ放題見放題。USD11(約SGD15)1で、100以上の映画やテレビ番組をご覧いただけます。ご到着までごゆっくりお楽しみください。

あらゆる機器に対応。ノートパソコンでも、タブレットでも、スマートフォンでもスクートTVにアクセスできます。






あらかじめ自分のスマホやタブレットにアプリをダウンロードしておき

機内でコンテンツを購入するようですね。





LCCは狭いといいますが

今までの海外旅行でのエコノミーと

そんなに差があるとは思わなかったです。


(どっちにしても狭いし。久しぶりなので記憶もあやしい。)



ヨーロッパやアメリカ大陸に行くのなら考えますけど

搭乗時間が短いアジアだったら

安いLCCでぜんぜんOK!と思いました。


特に子供は体が小さいから狭いとは思わないみたいですね。






台湾旅行関連記事







あわせてご覧ください。




今回のツアーで利用したのは

「エアトリ」(旧DeNAトラベル)です。







激安ツアーを探して比較検討したけど

ここが一番だと思いました。



wi-fiは

グローバルワイファイの「台湾データ」






クレジットカード付帯サービスなど

こちらも比較検討しましたがダントツで台湾データでした。

Googleマップ、写真のクラウドへの通信など

データ使いまくりでも制限なしなら安心!

























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック