テーマ:イタリアン

結婚記念日お祝いメニュー2011 (途中)

7周年記念の結婚記念日。 めぼしい店も思いつかないし今年は家でいろいろ作ってお祝いしようとなった。 メニューを決めたらオットがメニュー表を作ってくれた ソプア・ラクラ って感じ(笑) ●イカスミ練りこみパスタ トマトソース オット作 無印良品のいかすみソースを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白桃のパスタ

何年も前から作ってみたかったのにできずじまいだった白桃のパスタをようやく作ることができた。 メロンのパスタ、桃のパスタなど果物+パスタはあるけれど このパスタは桃+トマト なのが興味深かった。 控えていたレシピは桃やトマトの量が相当多くて「ホントに?」という感じだったので 好みのバランスにおさえた分量…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旦那飯 ロマーニャ風バラのパスタ

ロマーニャ風バラのパスタでランチを 誕生日プレゼントで贈った本、粉から作るパスタとイタリアパン より やっぱり狙い目はコレであったか(笑) この成型が斬新 ハムの旨味とチーズがとろりと溶ろける。ソースが絶品。 サラダも上手くなったな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旦那飯 十八番のアシューガ

旦那のパスタといえば、オハコのアシューガ シソの入ったアンチョビ・ペペロン みたいなパスタ。 旦那は「タベルナ・ラ・グロッタ」でよく食べている。 わが家では庭でシソが採り放題なのをいいことに 昨年は本当に良く食べたが、なぜか今年は機会を逃していて。 夏が終わる前に食べておかなくては~! 娘が食べられる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

旦那飯 リゾット練習中

この本を読んで本格リゾットに挑戦したくなったダンナ。 カルナローリを用意して機会をうかがっていました。 大きな長い粒。チキンのお腹に詰めたいっ!と脇でコッソリ思っていたワタシ。 新人はブロード作りから・・・・ 透き通った美しい野菜のブロードが完成。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

旦那飯 トマトソースのパスタ

彼は今、シンプルなトマトソースに凝っている。 とても美味しいトマトソースを作りたくて、試行錯誤している。 今日はこのトマト缶を買って来てランチにパスタを作ってくれた。 トマト、塩、コショウ、タマネギ、ニンニク、オリーブオイルという最低限の材料で トマトのアミノ酸の旨味成分と、タマネギの甘さを引き出し、トマ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

いかすみを練りこんだイカスミパスタ 

いかを捌くときにいかの墨袋を集めて冷凍しておいたものがたくさんになったので 練りこんだイカスミ・タリアテッレを作りました。 いかすみソースのパスタがでも良かったのですが 子供ができた今、一緒に墨ソースを食べるのは怖い! 家中が真っ黒になるに違いないので。 練りこみパスタならその点安心♪ 今回のレシピは …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日向夏チェッロ アルコールドリンク

いただいた日向夏が残り少なくなってきました。 くるくると皮を剥いていただくたびに爽やかな香りに和まされます。 この香りをお酒に閉じ込めたら楽しいだろうなと思っていたところ イタリアの食後酒「リモンチェッロ」の作り方を知り 真似て作ってみました。 とはいえ、あまりお酒が強くないので、 アルコールを弱く、甘さを強くと …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エビの殻のグリッシーニ

家族が多いのでエビフライを作ると大量に出るエビの殻。 その活用法として良く作るのは頭と殻でのアメリケーヌソース風のパスタだけど、 せっかくのカルシウムやキチン成分を捨てるのはもったいない・・・ もともと桜海老のグリッシーニを焼こうという構想があったのを エビの殻のリサイクルにしてみたらかなりのヒット! ●エビの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そら豆とシラスのピッツァ 

いつか、主人と一緒にとあるイタリアンレストランで食べた そら豆とシラスのピッツァを 春になったら真似て作りたいねと話していました。 出かける用事は全て済ませて、ワインを飲みながらのランチで満喫。 いつものピザ生地に、シュレッドチーズと、シラスとゆでたそら豆を乗せて オリーブオイルを回しかけて焼くだけ。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

いかすみのリュスティック レシピ

いかを料理するときに墨袋を捨てずに取り分けてラップに包んで冷凍しておきます。 イカ墨スパゲッティなどに使えるから。 パンを焼き始めたばかりの昨年の春も、いか墨を焼きこんだパンを焼いて、 ワインが飲みたくなるような味になった記憶が。 今年はさらに濃厚な、いか墨のパンを焼いてみようと。 ●いか墨リュスティック …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

そら豆と春キャベツ・ブロッコリーのフォカッチャ アンチョビ風味 レシピ

春野菜の季節ですね。 これは先日の主人作・休日のランチ。 主人はそら豆のパスタを作りたいと首を長くして春が来るのを待っていた。 そら豆とキャベツ、アンチョビは海の物と山の物との出会いもの この美味しさをパンに閉じ込めるような感じに焼いてみたくなりました。 ●レシピ 強力粉200g 薄力粉80g…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

庭の緑と野草でイタリアン

春になりいろいろな緑が芽を出しはじめる頃 せっかく田舎に戻ってきたのだから、自然の恩恵にあずかりたい 庭先に生えた草花で食卓が豊かになるのは楽しいです ●のびるのフォカッチャ きざんだのびるを振りかけて焼いたフォカッチャ 奥のフォカッチャは庭のローズマリーを摘んで ●たんぽ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

旦那飯 手打ちパスタでおもてなし メニュー

お客様を迎えて、主人の手打パスタでおもてなし。 私も前菜やデザートなどでちょっとフォロー。 ●巨峰のコンポートに白スパークリングワインを注いでアペリティフに 先日作った巨峰のコンポートをフルートグラスに入れて、直前にワインを。 お子様には小さなカップに。 ●バタールにスプレッドを添えて …
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

自家製アンチョビ まいわしでも

背黒いわしを塩漬けにして1ヶ月過ぎました! 今日、瓶に入れ替えてオリーブオイル漬けにしました。 これから2ヶ月寝かせて熟成です。 ----------------------------------------- 林弘子さんの本を読んで、いわしを塩漬けにしてアンチョビを作るようになりました。 本来はしこいわしの…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

ピッツァ!ピッツァ!ピッツァ! レシピ

休日のランチに手作りピッツァは最高!! だんだん温かくなってきたんで、発酵も気軽にできるのでピザシーズンといえるかも 生地を練って発酵している間にトレーニングに行って、 帰ってきたらガス抜きをして生地を延ばし、ソース塗って好きなもの乗せて でもモッツァレラは外せない! 最近イタリアンブームのダンナのおかげで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

21cm チョコレートシフォンとパスタマシンでバレンタイン

シフォンケーキに凝っている今年は当然、チョコレートシフォンケーキです。 ココアの生地にチョコレートを混ぜた生クリームでデコレーション シフォンは3段にカットして2度クリームと刻んだくるみを挟みました。 一般的には厚み半分にカットして生クリームやフルーツなど挟みますが、 21cmだと大きいので、だんぜん3段にしたほ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more