テーマ:保存食

いわしの瓶詰めの保存結果

さんまのスープ煮と同じ要領で 瓶に詰めて、液体の中に沈めて圧力鍋で蒸し煮。 ※蓋は乗せるだけ 骨まで軟らかくなるし、ジャムのようにすぐに瓶の蓋をしめれば保存もきく とはいえ、ジャムや一般の保存食と違い水煮は水分が多く味も薄いものなので どこまで保つのかとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンチョビの漬け方 レシピ

背黒いわしを店頭で見かけるのは12月~2月 いわしを店頭で見かけたら買って来てすぐにアンチョビに仕込んでいた。 常に気軽に使えるアンチョビが家庭にあるのは便利だった。 最近はアンチョビもほとんどのスーパーで扱うようになり 価格も下がって購入してもたいしたことはないが、 安い魚で作れば大量のアンチョビが手に入る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渋柿・さわし柿の利用法まとめページ (途中)

庭の柿が豊作だった年、柿の利用に目覚めました。 柿という果物が多くの国で「kaki」と呼ばれて食べられていることから いわいる和っぽい柿のイメージを払拭した「柿らしくない利用」」についていろいろ試し作りました。 柿の渋戻り現象を知り、調べれば調べるほど臆病になってしまったところがありますが 経験の記録が積み重なっているので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012庭の実りのジャム作り

(今年の配合) いちじく 950g ブラックベリー 700g ラズベリー 240g ルバーブ 75g 計1950g 砂糖 1kg ペクチン 2袋(22g) 今回はパルプの粘度に頼らずに、ある程度シロップもジャム化するようにペクチンを使ってみた。 ラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柚子の利用法・活用法・保存食まとめページ

季節柄、過去の柚子の記事へと検索で流れ着く方が多くいらっしゃいます。 最近は柚子仕事をしても同じもののリピートなので新着で記事をかいていませんが 私も自分の過去の記事を見返して柚子のシーズンに柚子仕事をしてますので ここでひとつ見返しやすくするためにまとめページリンク集を作ることにしました。 タイトルのリンク部分で元ページに飛び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魚卵塩麹 塩辛すぎる自家製ボッタルガ?からすみ風の再利用(途中)

久々に「いいもの」出来ちゃった~うふふ。やっぱり麹様です。 昨年、仕込んだ魚卵の塩漬け 魚卵仕込み2011 からすみボッタルガモドキ作り方の記録 のその後、乾燥させた後に冷凍庫保管していたら、すっかりそのまま忘れられていたのだった。 その前に作ったからすみ・ボッタルガもどきに関してもそうなのだけど 塩加減が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こうじ納豆・しお納豆 麹と納豆のコラボ(途中)

●こうじ納豆を作るようになったきっかけ NHKのゆうどきネットワークで小泉武夫氏が山形の納豆文化を取材する特集がありその中で紹介された「しお納豆」 納豆に麹、水、塩、昆布などを加えてトロトロにして追い発酵させるというもの。 山形では市販品を買うものであり、家庭ではそれほど作られていないようだが 番組では過程で簡単に作ることが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いちご仕事2012 (途中)

●いちごシロップ 1回目 1瓶 4/1 サンモリヤで販売されていたいちご「紅ほっぺ」 「はね出し」(?)とかそういう呼び名で扱われていたお買い得商品タイプのもので、 パックが深く、1パックで500gある。 ●いちごシロップ 2回目 4瓶 4/2 エイトで1パック198円 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わたしの手づくり保存食百科-ジャム、シロップ、ピクルス、燻製

プリザービングなみの重さなのがいい。 保存食というよりも「保存」をテーマにしているようで、土に野菜埋めたりということも掲載されている。 海外っぽい写真やレシピは見ていて楽しい。 内容も保存食というと、砂糖、酒、燻製、乾燥と ある程度パターンが決まってしまうが この本は少し現代的な感じでピク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の実りのジャム2011 (途中)

例年の恒例行事となってきた庭の実りのジャム作りをした 庭の実りのジャムとは庭で実った果実類を一緒に使ったミックスジャムのこと。 毎年どのような割合になるかも収穫次第 個人的に単体より複雑で美味しい味になると思え 今年は単体ジャムは作らずにストックしていた。 La confiture de la re…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漬物の道具 覚書

今日もまた物置から9kgの重石を発見。おーい・・・ ちゃんと管理しないといけません。  内径37cm  20型? 1個 白菜4個を一度に漬けるならこっちを使わないとだろうなぁ。 捨てようかと思ったけどとっておく事にした。 内径33cm  15型? 1個 白菜2個…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

白菜漬けの漬け方 樽のサイズ 重石の量の記録(途中)

本漬け後3日で食べごろになった 父母にもウケ良く、美味しくできた!漬けてよかった。 ------------------------ 父しか好きでないのであまり気が乗らなかった白菜漬けを 今年は漬けてみようと思う。 11/22 ヤオシゲで大きな2個束になったのを買う。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

沢庵 大根の干し方 漬け方の記録 (途中)

11/11 ヤオシゲの大根38円  11/12 物干しで干しはじめ 11/21 10日近く経ち、「し」の字ぐらいになってきた。でもまだまだ。 11/28  二本ずつ干して、しなり具合に差がある。。傷があるとダメなんだな。 とりあえずこのくらいにして漬けることにする。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

魚卵仕込み2011 からすみボッタルガモドキ作り方の記録(途中)

昨年作ったボッタルガモドキを使ったパスタをお昼に食べ オットが「またこれ作っておいてよ」との言葉に対し 「それが、生の魚卵ってなかなか売ってないのよ~」 と返事した矢先、エイムで生たらこを発見。今まで見かけてないのに 粒が小さそうだけど、今年はこれで試してみるか。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

塩麹とサゴハチ(途中)

気になっていたけど減塩の家庭には向いてないだろうと手付かずだった塩麹 最近減塩も以前ほど厳しくしなくても大丈夫になったので作ってみる。 麹の戻し 一袋200gの乾燥麹をよく揉んでほぐし50~60度のぬるい湯をひたひたに(200ccぐらい) 混ぜて、冷房のない部屋30度ぐらい に数時間置く。 タッパーの蓋に箸を挟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福神漬け作り(途中)

まずは干し野菜作りから とりあえず、この皿二枚分程度が このザル一面分ぐらいになる 乾燥野菜として保存するには無理があるが 福神漬けなら一日も干せば大丈夫そうだ キッチンハサミで細かく切る。洗ってきつく絞る 酒・み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保存食というもの

これはフンギのオイル瓶詰めと青唐辛子の酢漬けを使って作った超スピードメニューのパスタ。 私にとって、保存食はあくまで「素材」 完成された食品ではないと思っている 完成を求めるなら、もっとハーブを、スパイスを利かせるとか、 トマトも一緒に煮込んでしまうとか 完成させるほど、応用は利…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

納豆作り (途中)

●大粒納豆 一晩水に浸した大豆200gの水気を切る   ↓ コストコキッチンペーパーを敷いた圧力鍋の蒸しスに広げ シューの後4分、フロート降りるまで   ↓ 急いでタッパーにうつし、納豆10粒程度を素早く混ぜる   ↓ 絞ったコストコペーパーをかぶせ輪ゴムでとめる   ↓ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンチェッタと魚卵の仕込み 2011(途中)

●自家製パンチェッタ 1/22 700g弱 2個仕込み kig/40の塩と粗挽きコショウ 1/28 うっかりして日にちオーバー。あわててスピリタス消毒、ピチットシート     今回思ったより水分が出ていた 2/22 乾燥した部分ができたのでピチット交換をやめて冷蔵庫乾燥に ●ボッタルガモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

La confiture de la recolte de mon jardin 2010 

昨年に続いて「庭の実りのジャム」作成。 ジャムに関しては1年の集大成のように感じる。 といっても、冷凍庫にストックしていたものを一気にジャムに仕上げるだけですが。 ●La confiture de la recolte de mon jardin 2010 今年はラズベリーを多めに残しておいたのと…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

柿仕事2010 柿の利用法 スイーツレシピ (途中)

今年は我が家の柿は豊作。そして異変が。 我が家の柿は一個の柿の中に甘い部分と渋い部分がある不完全甘柿ですが 今年、甘い部分が増えて、そのままでも2/3ぐらいなら食べられてしまう そんなわけで10月中旬からさわさずに食べてる父母。 というわけで、甘い部分(ゴマが入っている部分)が増えたわけで お菓子にした…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

フンギのオイル瓶詰め(途中)

●フンギのオイル瓶詰め キノコ類を500g(ひと口椎茸200g えのき200g しめじ100g) 残っていた乾燥ポルチーニ(ほんとに少し・・4枚程度)湯で戻してみじん切り ニンニクとオリーブオイルで炒め、さんご塩をひとつまみ加え 瓶に詰めさらにオリーブオイルを口付近まで注ぎ 軽くネジ蓋をして圧力鍋でシュー出てから1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りんご仕事2010 (途中)

「りんごのお菓子の素」が保存できたらいいなと思う。 ●りんごグラッセ りんご8割を長さ半分にして、リンゴの50%の水でヒタヒタ煮る。 柔らかくなったら砂糖を50%加えてそっと煮込む。 後ほど残りの砂糖を加えて、鍋をゆするようにして煮詰める。 ぶくぶくと泡が立ってきたら飴化しそうな合図なので火を止め オ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

家庭菜園パプリカ

ここ二年ほどパプリカの苗を植えて 園芸ベタの私たちがろくに手をかけなくても たくさんの実を生らせてくれた。 夏から11月頃までと長い期間実をつけ続ける 気温が下がってくると黄色や赤に色づかなくなるが 緑のままでもパプリカは大変肉厚で美味しく 普通のピーマンを食べたくなくなる。 そんなわけで今年もパプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋鮭よりも白子の仕事2010(途中)

●テリーヌ・ド・シラコ シラコ300g ブランデー大1 塩小1 こしょう少々 ぶつ切りをパッキン保存瓶に詰めてフタをし まるごと熱湯で25分茹で、取り出し冷ます。 プレーン バター オリーブオイル とりあえず3パターンやってみる。 でも以外と形が崩れないので瓶にきっちきちに入らない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オイル・サンディーーンなど秋刀魚(途中)

もはやイワシは安い魚ではなくなった昨今。 これからはさらにサンマに頑張っていただくしかないのだ。 秋の味覚、今が旬の秋刀魚。 今年は新秋刀魚が価格高騰といわれていたけれど それでも例年程度の価格になり、 そして、小さいのは相変わらず皿に5匹盛りで安く売られている。 そんなチビサンマ、がんばれ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洋梨の仕事2010 (途中)

●ドライポワール作り 9/28 秋田のパートレットで。とりあえず7個分。まだ足りないかな ●洋梨酵母 ドライポワール作りでたくさん芯と皮が出て もったいなく感じ起こしてみたら 久々に勢いの良い酵母が起きた。 例により、ポットと炊飯器の間。 気温が急に下がった頃だったので気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栗の仕事2010 (途中)

*9/18 清流公園の水ぐるまで580円の超・大粒。 ●半分は栗ご飯 ●半分は圧力鍋で茹でて(20分+放置) 食べようとしたら まだ温かいうちに皮を剥いてみたら、渋皮もぽろっと剥がれるので 数個皮を剥いてみた。 イタリアの栗みたいに表面シワシワ~な剥き栗状態に。 これをマロングラッセにできそうなも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の無花果の仕事(途中)

今年は実のつきがよい庭の無花果。 無駄なく使いたいもの。 ●ドライ無花果 販売されているドライフィグはトルコなどのものが多いが なんでもあちらの無花果は日本のもののように 生で食べてもたいして甘くなく、美味しくないんだとか・・・ 虫がつく前に、痛み始める前に、と思うと どうしても先端が赤くなった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茄子漬け研究 (途中)

昨年より父が茄子漬けを始めたが 実家で食べていたクラばあさんや祖母の茄子漬けにまったく近づかない 塩加減が足りず、色が悪すぎる 茄子漬け名人をプレゼントしてみたものの、 「ちょっと効果あったね」 程度 1日目はまだ見れるものの、翌日には茶色のまだらになる。 なぜなのか 母や父が作る茄子漬けは好き…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more