テーマ:

ひじきソースとケチケチアメリケーヌパスタ

マクロ実践者じゃないけど代替アイディアが面白いので マクロとかベジとか除去食のレシピを見るのはすごく好き。 あな吉さんのこの本を見ていたら、 「ひじきのイカ墨風パスタ」という気になる1品が。 マクロ食の方の「まるで○×みたい!」という表現は 現行で肉食っている私みたいな人間にはそれほど同感できないものが多いので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

旦那飯 昔ながらの中華そば

夫婦共同作業で 初めてまっとうなラーメンを作りました。 まずはちょっと遠い肉屋へ鶏ガラを仕入れに行ってスープを仕込む。 ガラを下茹でし、洗って血抜きの処理をして、5リットルの水で煮込む。 初めてなのでシンプルな鶏ガラと生姜だけのシンプルなスープ。 フツフツと静かに5時間煮込んだスープは脂が出ていながらも透…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008誕生日メニュー 旦那飯

今年の誕生日は3連休にあたり休日。 義母さんからお祝いのフラワーバスケットが届き、 誕生日を華やかにしてくれました。 パパは前もって成城石井で材料を買い込み 夕食をふるまってくれました♪ ●北海道の生ハム イベリコ豚の生ハムと迷ったけどこっちのほうが美味しそうだったらしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おもてなしメニュー 紅麹のフェトチーネ他

急ですが、幼なじみが遊びに来てくれることになりました! 平日はウチのオーナーシェフは会社に行ってるんで 私がパスタも作っておもてなしします~、シェフいる日よりカジュアルっぽいですけど(笑) イタリア家庭料理 MammaRio(マンマリーオ) ~~ 秋のランチコース ~~ …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

旦那飯 十八番のアシューガ

旦那のパスタといえば、オハコのアシューガ シソの入ったアンチョビ・ペペロン みたいなパスタ。 旦那は「タベルナ・ラ・グロッタ」でよく食べている。 わが家では庭でシソが採り放題なのをいいことに 昨年は本当に良く食べたが、なぜか今年は機会を逃していて。 夏が終わる前に食べておかなくては~! 娘が食べられる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

旦那飯 トマトソースのパスタ

彼は今、シンプルなトマトソースに凝っている。 とても美味しいトマトソースを作りたくて、試行錯誤している。 今日はこのトマト缶を買って来てランチにパスタを作ってくれた。 トマト、塩、コショウ、タマネギ、ニンニク、オリーブオイルという最低限の材料で トマトのアミノ酸の旨味成分と、タマネギの甘さを引き出し、トマ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

中国雲南酒膳坊 過橋米線 末広町

数少ない中国雲南料理店の「過橋米線」に行ってきました。 お昼の営業時間ですが予約時にコースメニューをオーダー。 元気促進コースと夏期限定の冷やし米線をいただきました。 ランチを食べにきていた中国の若い女の子たちのおしゃべりの声が より一層気分を高めてくれました。 ●前菜4種盛り合わせ 千切り野菜の…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

いかすみを練りこんだイカスミパスタ 

いかを捌くときにいかの墨袋を集めて冷凍しておいたものがたくさんになったので 練りこんだイカスミ・タリアテッレを作りました。 いかすみソースのパスタがでも良かったのですが 子供ができた今、一緒に墨ソースを食べるのは怖い! 家中が真っ黒になるに違いないので。 練りこみパスタならその点安心♪ 今回のレシピは …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

冷麺と冷たい麺 レシピ

韓国土産に本場コチュジャンをいただいたので 冷麺を作ってビビンネンミョンで食べました。 冷麺の麺は昨年の記録より。今日は強力粉+片栗粉で。 パスタマシンはMazzantyで厚みを2で3mm幅のカッターを使いました。 が、ちょっと私の好みからすると薄すぎました。やっぱ3がいいみたい。 片栗粉は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

DEEP PLANET 中国~麺の思い出・雲南省編~

雲南省で、過橋米線も食べそびれている 日本で食べるとなると御膳房のような高級店しかなくて、いまだ行ってない 過橋米線目的で行った店に入れず、その足で入った近くの店で 「米の麺で熱い汁に入ったのが食べたい」と カタコトの英語で注文したら辛い汁の麺が出てきました。 HOTを辛いと捉えたわけですね・・・。 この麺が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DEEP PLANET 中国~麺の思い出・上海編~

真っ先に中国旅行で思い出されるのは麺の類。 読めないながらもレシピは「做法」 写真は「照片」だという事がわかったので 全くできない中国語を相手にインターネットで検索だ! 上海の麺屋で 「葱油[鳥居みたいな文字] 注麺」という 葱油で和えた油っぽい麺とスープのセット。 朝からベトベトな麺に閉口したものの、なんだか塩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パスタマシーンで汁なし担担麺

強力粉250g 薄力粉250g 雨天のせいか?水210gでもちょっと柔らかめ 塩5g 重曹5g 4-3mmで太めの麺に。 豚挽き肉140g ニンニク しょうが 葱 筍 すりごま大さじ4 オイスターソース小さじ2 赤味噌大匙2 豆板醤小さじ1 コチュジャンアチ味噌 小さじ1/2  酒小さじ1 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

旦那飯 手打ちパスタでおもてなし メニュー

お客様を迎えて、主人の手打パスタでおもてなし。 私も前菜やデザートなどでちょっとフォロー。 ●巨峰のコンポートに白スパークリングワインを注いでアペリティフに 先日作った巨峰のコンポートをフルートグラスに入れて、直前にワインを。 お子様には小さなカップに。 ●バタールにスプレッドを添えて …
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

旦那飯・2007ママお誕生日メニュー

ママの誕生日だったので、パパは半休を取って腕を振るってくれました。 義母から花も届き、食卓を華やかに飾り、家族みんなで祝ってくれました。 パパが今年仕事関係で知ったカルフォルニアワイン「BERINGER」の スパークリングワインで乾杯! 力作!ネーム入りラザニア。 自分で打ったパスタ生地を使ってロゴを作って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷麺の麺の作り方研究

韓国冷麺、盛岡冷麺 ゴムゴムした食感の冷麺が大好きです 手作りできればいいなと思っていますが、あのゴムゴム感を出すのは なかなか難しい。 でも使う粉を工夫したら少し効果があったので、研究の価値あり! 今後も工夫してみようと思う。 ------------------------------------ パスタ…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

明太子もどきの鮭のパスタ

急に明太子のパスタが食べたくなることがありますが、 明太子を常に買い置きしているわけでもなく、かといって買いに走るほどでもなく。 常に買い置きしている塩鮭を使って作る、 明太子パスタのような感覚で食べられる鮭のパスタです。 ベジタリアンのレシピなどで雑穀を使ったりした明太子もどきが紹介されているのを見たのですが、ちょ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

21cm チョコレートシフォンとパスタマシンでバレンタイン

シフォンケーキに凝っている今年は当然、チョコレートシフォンケーキです。 ココアの生地にチョコレートを混ぜた生クリームでデコレーション シフォンは3段にカットして2度クリームと刻んだくるみを挟みました。 一般的には厚み半分にカットして生クリームやフルーツなど挟みますが、 21cmだと大きいので、だんぜん3段にしたほ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

富士宮やきそばと鱒バーガー

先日、富士宮にて「富士宮焼きそば」を初体験してきました。 少し下調べはしていきましたが、富士宮駅周辺をふらふらしていると 観光案内所を発見!あたらしい焼きそばMAPをゲットできました! 案内所の担当の方、詳しくいろいろ教えてくれますのでぜひ行ってみましょう。 これがそのやきそばマップです。 まずは王道っぽい「す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大根おろしとツナの冷たいパスタ

2年後の進化バージョン にんにく醤油・酢・味醂を同割にたたいた梅干しとオリーブオイルとツナのオイルを混ぜたタレで。 ニンニクが効いた味で食べたいと旦那のリクエスト。なかなか良いのです。 青しそドレッシング使うほうが簡単ですけどね。 -------------------------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちばらぎグルメ・大勝軒 佐貫店

茨城県南部~千葉県北部にかけてのエリアをそこに住む一部の人たちは「ちばらぎ」と呼んでいる。 東京から、そんなちばらぎエリアに引越しました。このエリアで美味しいものを見つけて生きたいと思います。 この大勝軒は、もりそば(つけ麺)の開発者として有名な東池袋の超有名店系列で 佐貫店は茨城大勝軒の中で本店とされているようです。 きっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日暮里・馬賊にて韓国風つけ麺

久しぶりに日暮里の馬賊へ。 本店ではちゃんとメニューなのだけど、 日暮里店では裏メニューとなっている「坦々つけ麺」とかっていうメニューがあるらしい。 今日は絶対につけ麺類を食べるぞと思っていたんで、つけ麺メニューを見ると 馬賊つけ麺と韓国風つけ麺とある。 お店のおかみさんに「韓国風と坦々つけ麺て同じ?」となんと…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

秋刀魚風味ラーメン「生粋」

池袋で有名になっているラーメン屋に行ってきました。 焼いた秋刀魚のダシが個性的な「生粋」です。 魚のダシがそれほど好きではないので、それほど期待はしてませんでした。 到着してみると、3人ほど並んでおり、中のカウンターの半分が「待ち」の状態でした。 この店は夏の間、数種類の冷やしつけ麺メニューを出しており (好評に付き、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

健康食・ラタトゥイユの冷製パスタ

私流ラタトゥイユ(南仏風夏野菜の煮込み)の作り置きがあるときに よく作る冷たいパスタ。 今日は冷蔵庫を覗いて、ソーセージを少々と ナス、ししとう、セロリを炒めてトッピング。 さらに野菜たっぷりのパスタになりました。 ●ラタトゥイユの冷製パスタ ・ラタトゥイユは冷蔵庫で冷たく冷やしておく ・パスタは茹でて水を切り、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

素麺の季節・島の光と鎌田のだし醤油

素麺の季節。 この素麺を知るまでは、私は冷麦>素麺だったのですが、 高松の出張先でいただいたこの素麺 島の光 小豆島手延素麺協同組合 食べるとほんのりとゴマ油の香りがして美味しい!!! これと鎌田のだし醤油で完璧だ 小豆島手延素麺「島の光」3kg 
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古奈屋のバナナカレーうどん

古奈屋のカレーうどんはお気に入りです。 麺が韓国っぽい半透明な感じなのが気に入ってます。 ライス(小)を頼んで、麺を食べ終わった中に投入し、 おじやのようにして美味しいスープを全部いただくのがお約束。 今日はバナナカレーうどんを頼んでみた。 バナナのてんぷらは美味しいけど、 小ライスを頼むのにはボリュームが多くな…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

中国手打拉麺 「馬賊」

日暮里の駅からすぐ、 手打拉麺のお店 「馬賊」に行って来ました。 店の表から「バーン!」と麺を打っているのが見えます。 店内は人がいっぱいいて、皆黙々と食べている中 麺を打つバーン!の音がひときわ響きます。 五目焼きそばを注文。 この手打ちの麺を使っているので、太くてつるっとした麺を 塩とオイスターソースで調味…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

ニュータンタン麺本舗・武蔵新城

妹の職場で流行っているという タンタン麺屋さんに 連れて行ってもらいました。 「ニュータンタン麺本舗」です。 こちらのタンタン麺はいわいる坦々麺ではない! あくまで「ニュータンタン麺」である。 坦々麺って、胡麻醤などを使用していて、 スープがドロッとして真っ赤ですが、 こちらの麺はニンニクが効いた…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

蒙古タンメン中本 本店

都立城北公園まで自転車でブラリと行き、 その帰りに偶然に 蒙古タンメン 中本の本店を通りがかってしまった。 これは食べないわけにはいかないです。 池袋店とは少しメニューが違うようで スタミナラーメンなどこちらでしかないメニューも 食べてみたい気がしましたが やはり蒙古タンメンをいただきました。 相方が無謀に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江古田にて・染谷製麺

江古田でラーメンを食べることになり (ハイ、そうです。先週からローカーボはお休みしとります。) 濃い店構えに惹かれて 「染谷製麺」に入りました。 染谷製麺(排骨入り)を注文 排骨って、スペアリブではなかったか? 私はすっかりソーキそばみたいな 肉の塊が乗ってくると思ってたのですが、 パーコー麺タイプでビックリ。…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

オロチョンラーメンのオロチョン

高松出張の時に「オロチョンラーメン」に行きました。 モツのスープの辛いラーメンです。 辛い物好きの私はワンランク上の 『火を吹くオロチョン』をいただきました。 辛さはさらに3倍に調整してもらうこともできるようです。 高松はモツ鍋もウマいんで、このモツのスープの ラーメンは当然美味しいです。 ニンニクとニラが利いて…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more