ぜんぶ食べた?

アクセスカウンタ

zoom RSS 夜中の子どもの咳にそば蜂蜜の効能

<<   作成日時 : 2012/12/16 11:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

娘は3歳ぐらいから寒い時期の寝ている間だけ激しい咳が出るようになった。
始めは風邪だと思っていたが、それで処方される風邪向けの薬ではまったく効果がなく

その後、気管支炎の薬を処方してもらえるようになって改善された。
温かい季節はなにもなく、もう直ったかと思うが寒くなるとまた出る。

成長と共に症状が軽くなる可能性があるといい、実際今年はあまり出なかったのでもう大丈夫か?と思ったらやっぱり少し出るときもあるのだった。


薬を長く飲み続けることへの不安もあるが、なんといってもこの季節にたびたび病院にいくことを避けたい。
むしろ他の病気をもらう危険がいっぱいに感じる。

そんな中で、夜の咳がかりん蜂蜜でおさまっているという話を見た。

そこから蜂蜜を調べていたら、興味深い研究結果があるのを知った。


ヘルスデー・ジャパンより引用:


小児用の咳(せき)止めシロップは、効果が認められないという理由で多くが市場から排除されたが、民間療法(folk remedy)で古くから使われているはちみつに、シロップと同等かそれ以上の効果があることが、米国の研究で明らかになった。

米ペン・ステート大学医学部(ペンシルベニア州)の研究チームは、咳が原因で睡眠が困難な2〜18歳の105人を対象に、就寝30分前にソバのはちみつを摂取するグループ、はちみつ風味を人工的に添加したデキストロメトルファン(DM:多くの市販風邪薬に含有される咳止め成分)を摂取するグループ、治療を施さないグループの3群に割り付けて比較調査した。

その結果、はちみつ群は、DM群や無治療群に比較して、夜間の咳の重篤度や頻度が軽減して睡眠を取れたのに対し、DM群の咳が無治療群以上に軽減するものではないことが明らかになった。はちみつ摂取後に、短時間ながら過活動になる子どももいたが、親子とも睡眠を取ることができた。研究チームは、今回はダークハニーを使用したが、他のはちみつの効果は不明だとしている。




ダークハニーというのが蕎麦の蜂蜜のことを挿しているようである。




早速、成城石井でそば蜂蜜を買って来た


気管支炎・咳喘息による夜間の子どもの咳に効果があるといわれるそばはちみつ




これが独特の風味。みたらし団子のタレ的な深み・・・でももっとクセがある。

娘はかなり嫌がったが、鼻をつまんでティースプーン1杯をなめるように
就寝前の習慣にした。

後味を消すにはジュースなどの甘い飲み物ではなく、
まず水を飲んでその後に味噌汁やスープなど塩味系のものを飲むと良い。




これを飲むようになって数日は少し咳が出る日もあったが
その後1ヶ月近く咳が出ていない。


かなり効果があると思う。



就寝中の咳が出ると睡眠が妨げられ、日中も疲れやすくなりがちだったが
ハチミツ効果でしっかりと眠り、そして朝から元気である。




子どもの夜の咳で悩んでいる方はけっこう多いのでは?


ただし、そばアレルギーや乳児ボツリヌス中毒などの可能性に注意して

当人の年齢やアレルギーを確認の上で試してみていただきたい。





かなりクセがあるし、その子に有効かも試さないとわからないと思うので
小さめのサイズで試してみるのをおすすめします。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
【管理人よりお知らせ】
B社公式ブログ執筆中↓
「チープシック チャーミング ライフ」
食べ物の事だけでなく
ライフスタイル全般の
テーマを広げた内容となっています。


【MY TOOLS】

夜中の子どもの咳にそば蜂蜜の効能 ぜんぶ食べた?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる